住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

2410月/11Off

住まいの希望条件

賃貸のアパートやマンションを借りたり、注文住宅を購入したりするときには希望条件を事前にまとめておくとスムーズに物件探しをすることができたり、理想の住宅を造ったりすることができます。

賃貸でしたら間取りをどうしたいのかや、エアコンはついていなきゃなとか、インターホンを押した人の顔が分かるようにモニターがついてるインターホンがあったほうが安心だなとかいろいろ考え付きます。

希望条件はいろいろ出てくると思いますが、それを全てかなえることは難しいでしょう。そのため、希望条件に優先順位をつける必要があるのです。

優先順位を決めるときにはまず生活の流れを想像してください。イメージをしっかりとすることによって、必要なものとひつようないものをわけることができます。

イメージするときのポイントは実際にそこで暮らしているかのようにイメージをすることです。

大分で不動産を探していた友人も、事前に希望条件を考えて優先順位をつけることで、あまり手間取ることなく物件探しをすることができました。

借りるときには漠然としたイメージではなく明確なイメージを作り出すことによって、迷ったりする必要がなくなるのです。

イメージするときにはどのような設備があるのか、インターネットの賃貸情報サイトや賃貸の情報雑誌などを活用することで調べておくとより具体的にイメージしやすくなります。

しっかりと事前に考えをまとめて、いい部屋をさがすようにするといいでしょう。

208月/11Off

用途地域による建物

用途地域ごとにどのような建物を建てることができるのかなどを書いていきます。

全ての用途地域にたてることができる建物として派出所、神社、寺院、教会などがあります。

どの地域でも警察官がいないと困ってしまいますので派出所は必要です。

信仰の自由の面からも神社、寺院、教会はどこにでも建てることができるのでしょう。

住宅用の用途地域の中でも準住居地域が一番建てることができる種類が多く、第1種低層住居専用地域が建てることができる種類が少ないです。

第1種低層住居専用地域で建てることができるのが住宅、共同住宅などの住むための建物、兼用住宅で店舗の規模が一定の規模以下の建物、図書館、老人ホーム、学校などがあります。

学校は幼稚園から高等学校までで大学などは建てることができないようになっています。

第1種低層住居専用地域と第2種低層住居専用地域では10mまたは12mの高さの限度が定められています。

都市計画で10mか12mの高さを定めます。

一定の条件を満たしていたり、学校などの建物でやむを得ないということで特定行政庁が認めて許可を出した場合にはその限りではありません。

他にも第1種低層住居専用地域と第2種低層住居専用地域以外の地域には隣地斜線制限が設けられていたりもします。

この他にも建築基準法などでは全員が快適や安全に過ごすことができるように多くの法律があります。

法律以外にも都道府県によって条例などで決まっていることなどもあります。

187月/11Off

接道

建築基準法には接道義務が定められています。

住宅を建てたりするときにはこの接道義務を満たしていなければいけません。

接道義務というのは敷地が道路に2m以上接していなければいけないというものです。

ただし例外として特定行政庁が安全面などで支障をきたさないと認めて許可されれば、道路に2m以上接してなくてもいいことになっています。

この接道義務があるため、中古の土地つき住宅を購入して建替えを考えている場合には注意が必要になります。

建築基準法というのはどんどん改正されていっています。

そのため昔の住宅は現在の建築基準法を満たしていないことがあります。

中古の土地つき住宅を購入して建替えようとしたときに敷地が道路に2m以上接していないため、建てることはできませんということがありえるのです。

例外でも許可されることがなければ、

建て替えを考えていたから土地つきの中古住宅を買ったのにということにならないためにも事前に敷地が道路に2m以上接しているのかどうかを確認しておく必要があります。

なぜ道路に2m以上接していなければいけないのでしょうか。

例えば道路に2m以上接していない敷地に住宅があったとします。

その住宅が火事になったとします。

消防車が入ろうとしたときに敷地に入ることができないということもありえるのです。

他に出入り口が2つあってそれぞれが1mだったとします。

合計が2mであっても条件は満たしませんので気をつけるようにしてください。

Tagged as: Comments Off
276月/11Off

都市計画法<用途地域>

都市計画法では用途に合わせた地域を設定することで良質な環境を維持したり秩序の健全化を図っています。

用途地域として12種類あります。

第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域、第2種中高住居専用地域、第1種住居地域、第2種住居地域、準住居地域と住宅に関係しているだけでも7種類あります。

これらに分けていることでそれぞれの住居でよい住環境を守ることができるのです。他に商業のための地域として商業地域と近隣商業地域があります。

工業用のための地域として工業専用地域と準工業地域と工業地域とがあります。住宅を実際に建てることができる地域は何種類あるでしょうか。

11種類もあるのです。

建てられないところは工業専用地域です。

住宅の環境を守るためにあるので第1種と第2種低層住居専用地域は低層住宅が快適に過ごせるように都市計画をつくるときには、最低でも建築物の容積率、高さの限度、建ぺい率を定めておかなければいけません。

高さの限度を定めておくことによって高い住宅を建てることができないので日当たりが悪くなったりすることがあまりありません。

商業地域では建築物の容積率、工業地域では建築物の容積率と建築物の建ぺい率を定めておかなければいけません。

商業地域ではなぜ建ぺい率が定められていないのかと思うかもしれませんが商業地域の建ぺい率は建築基準法によって定められています。

用途地域を定めることで快適に生活できるのです。

75月/11Off

都市計画法

都市計画法という法律があります。

建築基準法などと密接な関係があります。

この法律の目的は都市の健全な発展と秩序をを守るために街をつくるためのルールが定められています。

この都市計画法で都市計画を作り土地を使うための制限を設けることで都市の健全化を図るとともに市街地を開発するための事業などを実施します。

人がほぼいないようなところではこの都市計画をする必要はありませんよね。

どこに都市計画を作る必要があるのかを指定し、そこを対象とすることで都市計画を進めていくことになります。

都市計画が必要なところを都市計画区域と準都市計画地域に分けます。

都市計画を作ることで人が住みやすい住環境が整えられたり、便利に利用できる商業地域などに分けることができるのです。

都市計画区域に指定されるには土地利用状況や交通量などが今どうなっていてこれからどうなっていくのかを見た上で都市計画を進める必要があるのかで判断されます。

都市計画区域の整備、開発および保全の方針に関しての都市計画は基本的な方針となっています。

区域を区分することで市街地の秩序を保ちます。

状況によって市街化区域と市街化調整区域とに分けたりします。

地域地区に関する都市計画では土地の利用を計画的にするために用途に合わせて地域を定めます。

都市施設に関する都市計画は都市に重要な道路や公園などを計画するものです。

この計画が立った後所定の手続きがあった後に計画が実施されます。