住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

134月/11Off

新築の資金計画、住宅ローン

住宅を新築しようと考えたときに資金が必要なので住宅ローンを借りることになると思います。

そのときに一定の条件を満たすことによって住宅ローンの控除を受けることができるのです。

控除を受けるための条件は、年に3000万円以下の所得であること、

住宅ローンを完済するまでの期間が10年以上あること、

登記簿上の床面積が50㎡以上の住宅であること、

取得してから6ヶ月以内に入居していて、現在も居住していることなどがあります。

10年で最大600万円の控除を受けることができます。

といっても600万円の控除を受けるためには住宅ローンの年末残高が5000万円になっていることと収入の多さが関わってくるのです。

なぜかというと所得税額から控除されるためです。

600万円の控除を受けるには長期優良住宅である必要があります。

例をあげると年末残高が5000万円以上あって控除率が1.2%なので5000×0.012で60万円になります。

控除期間が10年間ありますので60×10で最大で600万円の控除を受けることができるのです。

所得税額が低いと控除を完全に受けることができないかもしれません。

控除額が60万円でも所得税額が30万円だったら30万円しか控除されません。

そういったときは奥さんが仕事をしているならば夫婦の共有名義にすることでもっと控除を受けることができます。

つまり2人の所得税額を合わせて60万円あれば60万円の控除を受けることができるのです。

一般の住宅の場合には最大で500万円の控除を受けることができます。