住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

75月/11Off

都市計画法

都市計画法という法律があります。

建築基準法などと密接な関係があります。

この法律の目的は都市の健全な発展と秩序をを守るために街をつくるためのルールが定められています。

この都市計画法で都市計画を作り土地を使うための制限を設けることで都市の健全化を図るとともに市街地を開発するための事業などを実施します。

人がほぼいないようなところではこの都市計画をする必要はありませんよね。

どこに都市計画を作る必要があるのかを指定し、そこを対象とすることで都市計画を進めていくことになります。

都市計画が必要なところを都市計画区域と準都市計画地域に分けます。

都市計画を作ることで人が住みやすい住環境が整えられたり、便利に利用できる商業地域などに分けることができるのです。

都市計画区域に指定されるには土地利用状況や交通量などが今どうなっていてこれからどうなっていくのかを見た上で都市計画を進める必要があるのかで判断されます。

都市計画区域の整備、開発および保全の方針に関しての都市計画は基本的な方針となっています。

区域を区分することで市街地の秩序を保ちます。

状況によって市街化区域と市街化調整区域とに分けたりします。

地域地区に関する都市計画では土地の利用を計画的にするために用途に合わせて地域を定めます。

都市施設に関する都市計画は都市に重要な道路や公園などを計画するものです。

この計画が立った後所定の手続きがあった後に計画が実施されます。