住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

173月/16Off

寝室に書斎スペース

私の主人が住宅に求めたことの一つが、書斎スペースを設けるということでした。独立した書斎スペースは空間に余裕がなく断念しました。そこで寝室を活用して書斎スペースを設けたのです。寝室をただ寝るだけの空間にしたくないと以前から思っていました。

寝室を第二のリビングのような感覚で寝る前の時間を楽しみ、快適な睡眠を確保すると共に個人の時間そして夫婦の時間を大切にできる空間でありたいものです。そのため寝室は割と広めに確保しました。そのワンスペースを利用して主人の希望でもある書斎スペースを設けました。程よいこもり感を演出するために、寝室と書斎スペースの境には腰壁を設けました。

まだ子ども達が小さいこともあり、寝室で家族みんなで寝ています。寝る前の時間を家族で過ごしながらも、この書斎スペースで一人の時間を過ごせるようになりました。主人が書きものや読書を楽しめる空間として利用する片側、私は子ども達との時間を楽しんだりしています。主人が書斎スペースを使用しない時は、私がここでパソコンを使いネットショッピングをしたり趣味の時間を過ごしています。

今までは寝る直前しか行かなかった寝室でしたが、新居では寝室を充実させたことで第二のリビングとして活用しています。寝室で過ごす時間が充実したことで二階で過ごす時間も大切な時となっています。自分だけの居場所というものが住宅内にあることで、住宅で過ごす時間がより楽しく、充実したものになるだけにこのようなスペースは設けた方がいいのです。主人としては独立した書斎の方が良かったのかもしれませんが、私は寝室に設けて良かったと思っています。

Tagged as: Comments Off