住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

2010月/16Off

進化するシューズクローク

玄関の快適性を高めるには玄関横に設けるシューズクロークの存在は非常に大きいです。シューズクロークと言っても靴や傘を収納しておくだけのスペースではもはやないのです。最近では玄関に靴箱を設けていない家庭も増えてきました。玄関に靴箱がなくても、玄関横に設けたシューズクロークの収納力が優れていれば必要がないのです。

ここには外で使用する子どものおもちゃや三輪車、スポーツ用具、ベビーカーや旦那さんの趣味のゴルフ用品など大きさのあるものまでしっかりと収納できるシューズクロークが主流となってきています。シューズクローク内に土間収納スペースがあれば、これらを外で使用して汚れて帰ってきても、そのままサッとシューズクローク内に収納できるので玄関やポーチ部分にいつまでも置きっぱなしの状態になることはありません。

玄関は第一印象を決める大事な空間ですし、家族が毎日出入りする場所であるだけに、スッキリと華やかで行き来のしやすさをしっかりと確保しておきたいものです。最近では、このシューズクローク内にコートクロークを設ける人も少なくありません。リビングのソファの上に外出先で着ていた上着がいつまでも脱ぎっぱなしの状態で置いてある光景を見たことはありませんか。リビングに物がちらかるとリビングの快適性を欠いてしまいますし、居心地の良さも低減してしまいます。

シューズクローク内にコートクロークを設けることで、外で使用した物や履いていた靴、そして着ている上着まで片付けられれば、リビングに物が散らかることもありませんし、外出時もスムーズなのです。シューズクロークはこれから先もより進化を遂げる収納スペースとなりそうですね。

Tagged as: Comments Off
Comments (0) Trackbacks (0)

Sorry, the comment form is closed at this time.

Trackbacks are disabled.