住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

43月/19Off

小上がりの和室

我が家は一体感のあるLDKに隣接する形で小上がりの和室を設けました。和室に高さを設けて、小上がりにすることで建具で仕切らなくても空間が緩やかにゾーニングされ空間のメリハリが生まれます。

洋風のLDKと畳の和室が隣接していてもこの空間のメリハリが得られていることで建具で仕切らなくても互いの空間に違和感を与えていません。もちろん建具も設けているので、シーンに合わせて和室を区切って個室として利用することもできるのです。高さを設ける場合に気を付けたことは、中途半端な段差にするとかえって足をつまずきやすくしてしまうので、しっかりと高さを設けました。腰掛にちょうどいい高さにしたのです。そして、畳の下に生まれたデッドスペースを利用して引き出し収納を設けました。

和室で使用する座布団やお昼寝用寝具、子ども達のおもちゃや日用雑貨など大きさのある物から小物までここに大容量に収納できているので重宝しています。この和室にはカウンターを造りつけてパソコンスペースを設けたのです。高さを活かし、カウンター下は掘り込み、足をゆったりと伸ばせる造りにしました。このようにしたことでパソコンを長時間利用しても足がしびれたりすることなく、体に負担がかかりにくいのです。

カウンター横には棚を造り付け、書類やパソコン関連用品など必要な物をきちんと整理できるようにしました。和室は子ども達が遊んだり、昼寝をしたり、パソコンをしたり、家事をしたり、時には空間を区切って宿泊ルームとしたりと多目的に使用できるのでなくてはならない空間となっているのです。

Filed under: etc Comments Off
Comments (0) Trackbacks (0)

Sorry, the comment form is closed at this time.

Trackbacks are disabled.