住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

1611月/17Off

シンプルライフの条件

シンプルライフの定義は、人それぞれです。

必要最小限のモノだけで暮らすこと?
これを突き進めて行くと、シンプルかもしれませんが、人間らしいあたたかな暮らしとはかけ離れてしまい、俗世間の暮らしとは相容れません。

節約生活とどう違う?
お金をかけなければ暮らしはシンプルになりそうですが、もらい物と100円商品だけでは、寒々しい暮らしです。節約生活とシンプルライフを両立させるには、高い生活技術とセンスがなくてはいけません。

厳選された良品だけに囲まれていればシンプル?
家具は国産無垢材のみ、外国家電とブランド・作家物の食器しか使わない、というような暮らしは、お金持ちと、特別にセンスのよい人だけにしか実現できないことです。シンプルな暮らしのために、物はよく選ばなければなりませんが、必ずしもお金をかけることではありません。自分の身の丈に合っていて、愛着の持てる品であれば、それが自分にとっての最良の物で、古くてもノーブランドでも関係ありません。

誰にでも共通しているシンプルライフとは
1. 持っているものを全て活用できており、管理ができていて、散らかりません。
2. 困ったとき助けてくれる人、知恵を貸してくれる人がいて、人が助けてくれれば、物はあまり必要ありません。
3. 忙しいと言わないようにし、時間の余裕があれば、物があまり必要なくなります。
4. きちんと食べて、良く眠れること。生物としての生活(食、睡眠)が充実していると、心が安定するので、むやみに物を欲しいと思わなくなります。

この4つは、シンプルライフを楽しんでいる人に共通していることです。自分の生活を振り返って、参考にしてみましょう。

Tagged as: Comments Off
93月/17Off

カップボード

キッチンに欠かせない家具はカップボードです。我が家はこのカップボードをキッチンスペースに合わせて造りつけてもらいました。カップボードを造り付けたことで、床から天井まで余すことなくスペースを利用できており、隙間がないことでお掃除がしやすくなりましたし、スペースいっぱいに広がるカップボードは収納力抜群です。

そして、地震の際も家具を造り込んでいるため倒れ込む心配がなく、安全性の高さも安心できます。キッチンスペースいっぱいに広がるカップボードの全面にはすりガラスの扉が設けられています。すりガラスなのでキッチンに明るさをしっかりと通してくれますし、中に収納しているものをしっかりと隠してくれるため、シーンに合わせてキッチンの印象も変わります。

扉一枚分はキッチンパントリーとして食材を収納しています。30㌔のお米の袋もスッポリと収まっており、レシピ本やピクニック用品などもきちんとここに整理することができています。そして隣の扉一枚分は、食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のものまでここ一か所に収納できており、お弁当箱やタッパーなどもここに整理しています。お皿選びがしやすくなっているのです。そして隣の扉一枚分はキッチン家電を収納しています。炊飯器や電子レンジなど毎日使用するものは手の届きやすい中段部分に収納し、ホットプレートやフードプロセッサー、ミキサーなどは大きさや使用頻度に合わせて上段や下段を利用して収納しています。

振り返るとキッチンで必要なものが一面に揃っているので家事のしやすさもアップしています。家事をする時には扉を開け放ち、ものが出し入れしやすいようにして、家事をしない時や来客時には扉を閉めて生活感を感じさせるものが一切見えないようにしています。このカップボードのおかげでキッチンの居心地が増しています。

Tagged as: Comments Off
2010月/16Off

進化するシューズクローク

玄関の快適性を高めるには玄関横に設けるシューズクロークの存在は非常に大きいです。シューズクロークと言っても靴や傘を収納しておくだけのスペースではもはやないのです。最近では玄関に靴箱を設けていない家庭も増えてきました。玄関に靴箱がなくても、玄関横に設けたシューズクロークの収納力が優れていれば必要がないのです。

ここには外で使用する子どものおもちゃや三輪車、スポーツ用具、ベビーカーや旦那さんの趣味のゴルフ用品など大きさのあるものまでしっかりと収納できるシューズクロークが主流となってきています。シューズクローク内に土間収納スペースがあれば、これらを外で使用して汚れて帰ってきても、そのままサッとシューズクローク内に収納できるので玄関やポーチ部分にいつまでも置きっぱなしの状態になることはありません。

玄関は第一印象を決める大事な空間ですし、家族が毎日出入りする場所であるだけに、スッキリと華やかで行き来のしやすさをしっかりと確保しておきたいものです。最近では、このシューズクローク内にコートクロークを設ける人も少なくありません。リビングのソファの上に外出先で着ていた上着がいつまでも脱ぎっぱなしの状態で置いてある光景を見たことはありませんか。リビングに物がちらかるとリビングの快適性を欠いてしまいますし、居心地の良さも低減してしまいます。

シューズクローク内にコートクロークを設けることで、外で使用した物や履いていた靴、そして着ている上着まで片付けられれば、リビングに物が散らかることもありませんし、外出時もスムーズなのです。シューズクロークはこれから先もより進化を遂げる収納スペースとなりそうですね。

Tagged as: Comments Off
115月/15Off

玄関収納

最近玄関収納を充実させる人が増えてきました。従来は玄関に靴箱を設けているのが当たり前でしたが、最近では玄関横にシューズクロークを設けるのが主流になってきました。

シューズクロークには靴や傘を収納するのはもちろんのこと、外で使用するベビーカーや子どもの外用のおもちゃ、三輪車など大きさのあるものまで収納できるように広さを確保している家庭が多いです。

それだけではなく、シューズクロークから大容量に収納できるウォークスルークローゼットを設けて衣類をここで管理できるスペースを確保している人も増えてきました。玄関周りに収納スペースを充実させたいと考える人が多いということです。

動線を考えても玄関近くに収納を充実させることはいいと思います。帰宅してシューズクロークに外で使用した三輪車やベビーカーをしまい、靴も収納し、そのままウォークスルークローゼットで着ている上着を掛け、部屋着に着替えられれば、後はリビングでくつろぐだけです。

また逆に外出する際も身支度がスムーズにできるウォークスルークローゼットがあれば便利です。家族みんなの衣類を一か所で管理できるようにファミリークローゼットを設ける人も増えてきました。家族の衣類を管理するのは主婦という家庭が多いと思います。洗濯した衣類をそれぞれ別々のクローゼットにしまうのは意外と面倒です。それを一か所で管理できれば主婦の仕事が軽減されます。

これを玄関周りに設けることで外出や帰宅を今まで以上にスムーズにさせることができるので、家族は生活の送りやすさを実感できると思います。玄関をスッキリさせるためにも玄関周りの収納を充実させ、物をきちんと片づけられる環境を整えておきたいものだと思います。

Tagged as: Comments Off