住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

92月/15Off

小上がりな和室

リビングの一角を和室とするスタイルが現在の主流となっています。
このようなスタイルにすることでリビングをより広々と見せることができ、また和室の良さを身近に感じることができます。
私はこの和室に少し段差をもたせて小上がりの和室にすることでリビングとの間を緩やかに区切ることができると思います。
和室で過ごす時間も個室にいるような気持ちにさせてくれることでしょう。

また小上がりにすることで魅力に感じることがたくさんあるのです。
まず畳の下を収納スペースとすることができるのです。
畳下に収納スペースがあることで和室で必要な物を収納できるだけでなく、併設するリビングの物もしっかりと収納できるのできれいなリビングに仕上げることができるのです。
また小上がりにすることでちょっとした腰掛スペースとして和室を活用できます。
和室に腰をかけながら洗濯物を畳んだり、家事の合間に休憩する場合にもこの段差は重宝するのです。
そのままゴロンと体を伸ばすこともできるのです。
そして体をおこして、立ち上がりやすいので家事へのとりかかりもスムーズになることでしょう。

忘れてはいけないのが、和室を完全な個室としても活用できるようにしたいとも思っています。
扉を設けて、宿泊者が見えた際の宿泊ルームとして活用したり、子どもが落ち着いて昼寝できる空間にしたいと思っています。
リビングの延長として活用したり、個室として活用できる和室があれば使い勝手のいい空間と感じられることでしょう。
この和室を小上がりにしてより和室の魅力を高めることができればいいなと思っています。

Tagged as: Comments Off