住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

311月/18Off

外構

建物が完成した後に行われる外構工事。一番最後の工程となる外構工事は、予算が十分に充てられなかったり、軽視されがちなのです。しかし、どんなに立派な建物が完成しても外構をしっかりと行っていないと住宅全体の完成度を下げてしまい、外観も庭で安心して過ごすこともできなくなってしまうのです。家造りは建物に予算をつぎ込みがちですが、しっかりと外構工事の費用も確保し、プランニングしておきましょう。

まずはデザイン性です。建物の外観との調和に配慮しましょう。色調や素材が建物の外装に合っているかということに注目すると同時に、近隣住宅との調和にも注目しましょう。そうすることで近所の雰囲気と馴染み、目立ちすぎることもなくなります。そして、毎日行き来を行う場所であるだけに、使いやすさにも配慮したいものです。

特に玄関の門周りは、門扉、ポスト、表札、インターホンなど機能が詰まった場所です。門扉においては、大きな荷物と一緒に行き来をすることもありますし、駐輪スペースの位置によっては自転車と一緒に行き来をすることもあります。これらと一緒でもスムーズに行き来が行えるように門の幅をしっかりと確保しておくといいのです。ポストにおいては郵便物が濡れることなく取りに行ける位置に設置しておくと便利です。朝もお化粧をせずにサッと郵便物がチェックできると女性は助かります。また、郵便物を取り出しやすい位置に設置しておくこともポイントです。

インターホンの設置場所は、来客者の顔がしっかりと写る位置に設置しておきましょう。これらの点に配慮すると同時に防犯性にも目を向けましょう。暗くなりがちな部分にはセンサーライトを設けておいたり、庭には侵入者を潜みにくくするように見通しの良さを確保しておくといいのです。外構にも注目して家造りを行いましょう。

Tagged as: Comments Off