住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

241月/12Off

不動産取得税など

念願のマイホームを購入してからも税金などで出費が必要になってきます。

必要な費用として不動産取得税、固定資産税、都市計画税があります。

不動産取得税というのは土地の購入や建物を建築するために必要なのですが、納税する相手は購入した不動産がある都道府県です。

不動産取得税の標準税率は4%なのですが平成18年4月1日から平成24年3月31日までの間に住宅などの取得が行われた場合は標準税率が3%になります。

他に条件を満たすことによっても減額措置があります。

不動産取得税は取得時に1回支払うだけで大丈夫ですが、他の2つは毎年支払う必要があります。

固定資産税は固有の資産を持っている人に対して課されます。納税する相手はその固定資産がある市町村です。

賦課期日(1月1日)に固定資産を所有していると納税の義務が生じます。

固定資産の1.4%が納税額となります。これも一定の条件を満たすことで納税額を減らすことができます。

都市計画税は土地や建物を市街化区域に所有している人に課せられる税金です。

課税標準額は0.3%で固定資産税と一緒に徴収されます。

これも一定の条件を満たすことによって減額措置があります。

団体信用生命保険料も住宅を購入してからも払っていかなければいけないお金の中に入りますが、基本的に住宅ローンの中に組みこまれていることがほとんどです。

マイホームを購入後には住宅ローン以外にも出費があるのでそこを良く考えてお金を貯めていきましょう。

Tagged as: Comments Off