住宅アクセス! 新築、注文住宅、戸建て、不動産、リフォームの話

249月/14Off

支払いのタイミング

土地代金は、2回に分けて支払います。売買契約時に手付金として土地代金の約10%と不動産会社に仲介手数料(約半金)を、契約日の1ヶ月後の引渡し時に残金を通常銀行振り込みで行います。その他、売主に固定資産税・都市計画税の精算金、不動産会社に残りの仲介手数料、司法書士への手数料も支払います。住宅ローンを利用するときは、不動産仲介会社が金融機関と連絡を取り合ってくれますが、自分でローン手続きをする場合は、金融機関の担当者、不動産仲介会社、司法書士等と、密な連携と確認をして、必要書類をそろえます。

注文住宅の支払いは工事の出来高払いですが一般的には、工事着手時、中間時、完成引渡時にそれぞれ1/3程度の範囲という設定がほとんどです。着手金や中間金は通常自己資金で支払います。ローンの建物分の融資は、原則として建物完成時の1回です。
ハウスメーカーの場合は、契約前に手付金50万円~100万円、工事請負契約締結時に100万円~200万円、請負金額の残金は工場発注時に20%前後、工事着工時に20%~30%前後、中間時に30%前後、引渡し時に残り20%~30%と、追加変更や別途工事費、登記などを依頼している場合は、建物の登記費用、司法書士等への登記手続き費用、火災保険料も支払います。
工務店の場合は、契約時、中間時、引渡し時に1/3ですが、登記依頼をしているときは、引渡し時に登記費用、手続き費用、火災保険料も支払います。
設計事務所の場合は、設計管理料を支払いますが、割合や回数は事務所によりまちまちです。ローンには設計料が含まれない場合もあり、要確認です。工務店との工事請負契約は上記と同じです。

Tagged as: Comments Off